Home > 入院のご案内 > 作業療法

作業療法

心身のリハビリテーション

作業療法

作業療法とは

作業療法とは、Occupational Therapyと言い、略して“OT”と呼ばれています。ここで言う作業とは『食事・入浴・トイレ・着替えなどの日常動作』『家事』『遊び』など人の生活に関わる全ての活動を指しており、これらを通じて心身のリハビリテーションを行うのが作業療法です。

当院では、作業療法士4名で活動しています。

作業療法の対象

  • 当院に入院されている方が対象です。
  • 参加するには、主治医の指示が必要となります。

思い当たることありませんか?

  • 疲れやすくなった
  • 人づきあいが苦手
  • やる気が出ない
  • 集中力が続かない
  • 生活リズムが不規則

実はこれらは病気の特徴であり、早い時期に改善していくことが必要です。作業療法では、さまざまなプログラムを通し「病気により不得意になった人付き合いの改善」や「やる気や集中力の低下の回復」など、その方の症状や回復過程に合わせ、作業療法を行っています。※病気の特徴には個人差があり、それぞれに異なっています。

プログラム内容

  • 手工芸
    手工芸

    編み物、裁縫、ビートルマット、キャンバス手芸、脳トレ等を行っています。取り組む内容はその人に合った内容を作業療法士と相談しながら決めていきます。

  • レクリエーション
    レクリエーション

    花見、紅葉見学、散歩など院外に出掛けるプログラムやカラオケ、ダンスパーティー、七夕まつりなど院内で楽しめる内容を行っています。

  • 体操
    体操

    運動不足の解消や体力づくりのために様々な内容の体操を行っています。

  • 誕生会
    誕生会

    対象の方たちを募ってみんなでお祝いします。手作りのポスターを背景に記念撮影も行っています。

  • SST
    SST

    SSTとは、「S(ソーシャル)S(スキル)T(トレーニング)」のことであり、生活や人付き合いで困っていることをみんなで話しあって解決法を探していきます。

  • コーラス
    コーラス

    ギター演奏に合わせて季節に合わせた歌や歌謡曲を歌います。簡単な脳トレ、クイズも行い楽しみながら参加できます。

  • 将棋倶楽部
    将棋倶楽部

    男性が中心のグループです。将棋に関わらず、オセロやチェスなどボードゲーム好きの方が集まって腕を競い合っています。

プログラム実施について

月曜日から金曜日まで、午前(9:30~11:30)と午後(13:30~15:30)の1日2回実施しています。
土曜日はプログラムが開催される日と休みになる日があります。
プログラム内容は、入浴時間や病棟の予定に合わせ決めていきます。入院病棟によって、プログラム内容は変化します。

 
午前
9:30

11:30
手工芸 手工芸
体操
手工芸 レクリエーション
SST
手工芸 手工芸
午後
13:30

15:30
手工芸 コーラス 体操 手工芸
将棋倶楽部
手工芸
SST
レクリエーション

費用

『精神科作業療法』の保険診療が適用されます。
保険の種類により自己負担の金額が変わることがあります。
また、高額医療負担制度の対象となる事があります。
※詳細は病院窓口にてお問い合わせください。